• ホーム
  • 断食とワインで成人病予防

断食とワインで成人病予防

年齢的にも40歳をカウントしたら、人生の折り返し地点で健康にも不安が出てくる時期です。
この頃から気になり始めるのは、成人病などの症状でしょう。
そうならないためにも、普段から体重の管理は行っておく必要があり、太ったらすぐに、標準体重にリセットをする習慣をつけましょう。
ダイエットと健康を兼ねて、断食にチャレンジをするのも良い方法です。

施設に入って長い日数の断食をするには、時間もお金も必要です。
ですから、週末を利用して、ライトな断食を体験してみると、内側からすっきりとした快適な感覚を味わることができます。
腸内にくすぶっていた老廃物は、どんどん出ていくので、体は軽くなったような感じになります。

週末にやる断食で本当に固形物を食べないのは、土曜日だけのたった1日なので、無理なくダイエットにもなります。
金曜の夜は事前準備の夕食を、通常食の半分食べて、土曜日は一切の固形物を口にしません。
ファスティング用で市販されているドリンクを飲んでもいいですし、野菜と果物で新鮮なジュースを作ってもいいです。
日曜日は回復食なので、重湯から食べて、だんだんと固形物を食べていきます。

アルコールが好きな人ならば、ワインダイエットをするのも楽しいです。
ワインにはたくさんのポリフェノールが含まれているので、満腹感を感じ安くなります。
食事はできるので、満足感が後押しをして、食事を食べる量を自然にセーブさせることができます。

ワインにはセアタノールの成分が含まれていて、この成分が肥満を抑制する働きをしてくれます。
ワインというよりも、果物のぶどうに含まれるのが、セアタノールの栄養成分です。
脂肪細胞の生成をゆっくりにさせますし、さらには脂肪細胞の成長を阻止してくれます。
肥満をコントロールするので、ダイエットにもぴったりな手段です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧